An occasionally irregular blog about orthodontics

矯正治療は、生活の質を向上させます

By on April 10, 2017 in Japanese with 0 Comments
矯正治療は、生活の質を向上させます

矯正治療は、生活の質を向上させます!

私たちは皆、歯をまっすぐにすると人の生活の質が向上すると考えています。 このコンセプトは論理的ですが、強いエビデンスに欠けています。 今までは…

私は、何年もの間、歯科矯正治療の効果を調査し、研究してきました。 この間、私は歯列矯正治療がQOLを向上させるかどうかについてのエビデンスを見つけようと試みました。 このコンセプトは論理的な「希望と夢」ですが、この重要な成果についての研究はほとんどありません。 今回取り上げるシステマティックレビューは、この重要な質問に答えるための大きな一歩となっています。

Does orthodontic treatment before the age of 18 years improve oral health-related quality of life? A systematic review and meta-analysis.

18歳以前に行われる矯正治療は、生活の口腔健康関連QOLを改善するか? システマティックレビューとメタ分析。

Hanieh Javidi, Mario Vettore, and Philip E. Benson

Am J Orthod Dentofacial Orthop 2017;151:644-55

http://dx.doi.org/10.1016/j.ajodo.2016.12.011

イングランド北部のシェフィールドに本拠を置くチームがこの調査を行いました。

彼らは何をしましたか

彼らは文献の標準的なシステマティックレビューを行いました。

研究の目的は:「最近の文献をシステマティックにレビューして、歯科矯正治療前後における口腔健康のQOL(OHRQoL)の変化を特定する」

PICOは、

P(参加者):歯科矯正治療の開始時に17歳以下の人々

I(介入):歯科矯正治療、変わったものまでも!

C(比較対照):治療前後での口腔健康関連のQOL。 または歯科矯正治療を受けていない比較群。

O(アウトカム):検証済みの質問票による口腔健康関連の生活の質。

研究デザイン:無作為化比較試験RCT、制御された臨床試験CCT、前向きコホート、横断研究または症例対照研究。 ほとんど何でも!

彼らは、標準化された文献検索をし、論文を特定し、適切なフィルタを適用し、選んだ論文について質の評価を行いました。 彼らは、データをいくつかのメタアナリシスに入れて、全体的な知見を見出しました。

彼らは何を見つけましたか?

彼らは最初に1590の研究を見出し、これを最終的に14の研究まで絞り込みました。

重要なことに、RCTは見つけられませんでした。 8つの研究はコホートであり、1つはコホートと横断研究の混合物であり、3つは横断研究であり、そして1つは症例対照研究でした。

全体的な研究の質は中程度でした。

彼らのデータを見ると、ほとんどの研究が「前後」であることがわかりましたが、これは少し難解でした。 彼らはその知見を説明するために素敵なフォレストプロット(メタ解析の手法の一つ)を作りました。

全体として、以下のように結論づけました。

「歯科矯正治療後に、特に感情的および社会的幸福の次元において、口腔健康関連の生活の質は著しく改善する」

彼らは得られた知見に関連した素敵な考察を書きました。 重要なことに、彼らは実施した研究の限界を概説しました。 私はこれについてのちに詳しく書きたいと思います。

 私が何を考えたか?

 まず、私は安心しました。そして最後には、潜在的に矯正治療の恩恵を示す研究だったことを喜んでいました。

この研究にはいくつかの良い点があります。 関連する文献の良いシステマティックレビューであると思います。 重要なのは、彼らは論文の徹底的な評価を行なったし、誇張せずに正確に調査結果を報告しました。

それでも、私たちは彼らが選んだ研究論文の性質に関するいくつかの問題点について考える必要があります。 それは;

彼らはランダム化比較試験を見つけることができませんでした。 これは重要です。 しかし、この質問に答えるためのトライアルをどのように行うことができるかを知ることは困難です。 これは、患者を「治療する」または「治療しない」に割り当てることができないからです。 結果として、すべての研究は観察的であり、高いレベルのエビデンスをもたらすことはできませんでした。

彼らは、これらの研究を中等度/低質として分類した。 これは矯正歯科のシステムレビューでは珍しいことではありません。私たちは、現時点では、これが持ちうる最高のエビデンスであることをシンプルに受け入れなければな

りません。

データの大部分は「治療前後の」研究から収集されました。 このことは口腔衛生に関連したQOLの変化を示すかもしれませんが、治療なしでも改善し、単に時間とともに変化した可能性があるという事実を無視することはできません。

全体としての結論

これらのすべての要素をまとめれば、私たちが持ちうる最高のエビデンスを提供してくれるシステマティックレビューを彼らは行ってくれたと感じます。 私は、歯科矯正治療が口腔の健康のQOLを中等度に改善することを(中等度の信頼をもって)今言えることを嬉しく思っています…あ~よかった。

(Visited 43 times, 1 visits today)

Post a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Top

Pin It on Pinterest